「初心者トマト」の育て方について

初めて夏野菜を育てたいというかたで、どの種類を選んだらよいかわからないという方は多いと思います。

そんな方は必見!当店では「よくなるシリーズ」として、初心者の方にお勧めしたいミニトマト「初心者トマト」の販売をしております。

初心者トマトは、初心者の方に特におすすめしたい品種を選んでいます。

今回使用している品種は「ジャングルトマト」です。

〇ジャングルトマトの特徴

ミニトマトの一般的な育て方は、脇芽を取って1本仕立てにしますが、

ジャングルトマトは脇芽を取らずほったらかしに育てるので、脇芽取りの作業がいりません。

脇芽にも実ができるので、収量が多く、1株で150個の収穫も期待できます。

実はやや楕円型のかわいらしいプラム型です。

背丈は1.5mくらいになります。

〇ジャングルトマトの育て方

・日当たりが良く、水はけがよい肥沃な場所に植えます。

・脇芽がたくさん出るので、株間は80cm。プランターの場合は深さ30cmくらいのものに一株が目安です。

・マルチを利用する場合は、支柱などせず放任で育てられます。

 ネット栽培も可能なので、10cm角のネットを張ります。

・2番目の花房に実がつき始めたら、野菜用の肥料を株まわりに与えます。生育が旺盛なので肥料が切れないように注意します。

・脇芽はほったらかしで育てますが、混みすぎたり邪魔な脇芽は適宜摘み取ってもOK。

・ネット栽培の場合、枝が込み合ってきたら、風通しを良くするためにも、枝が重ならないように、人の手で誘引してネットに止付けます。

通常のミニトマトは脇芽を取って栽培しますが、ジャングルトマトは脇芽にも実をつかせるため、脇芽は取らないことが栽培のコツです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です